--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/03/17

考察みたいなもの

放射能の問題について考えてみました。
長いし、ネガティブな思考なので追記に。

放射能におびえる日々・・・

政府やテレビの解説者の言う「大丈夫」は信じられない。

ネットの危険危険を鵜呑みにするのもだめだし。

というわけで自分で調べることにしました。
自分が安心できる基準を決めるために。
家族や友達に大丈夫だよって言うことができるように。


放射線は自然放射線と人口放射線に分けられる。
自然放射線量は、宇宙、大地、空気中、食物から受ける放射線量。
人工放射線量は、X線撮影やCTスキャンで受ける放射線の量や、原子力発電所周辺の放射線の量。

年間の自然放射線量は2.4mSv
一般公衆の人口放射線量限度(医療は除く)1.0mSv

今問題になってるのは原発から発生する放射線なんだから
年間基準は人工放射線量限度の1.0mSvになる。
(自然放射線量の2.4mSvと比較してるテレビや文章は間違ってる。)

新潟県では平常時の放射線測定値が16~160nSv/h
 普段なら原発からでる放射線量は年間0.001mSv未満なので、
 0.114nSv/h未満となり無視できる値。
よってこの平常値は自然放射線の分の値とみなすことができ、
平常値より増えた分が人工放射線の量と考えることができる。

平常値の平均は(16+160)/2=88nSv/hと考えることもできるのだが、
県の公表した数値をグラフ(前の記事)から平常時は50nSv/hと考えるのが妥当と判断した。

だから、
「測定値(nSv/h)-50(nSv/h)のこれまでの合計が1mSv以下なら大丈夫。」

ちなみに
1ヶ月間の測定値の平均が1μSv/h(1,000nSv/h)で、残り11ヶ月が平常値だった場合の
人工放射線量は0.684mSvになります。



内部被曝も考慮したいんだけどよくわかんなかったよ・・・
一応参考までに

南魚沼で検出された放射性物質の量が、
ヨウ素131  :0.33 Bq/m3
ヨウ素133 :0.032 Bq/m3
セシウム134 :0.029 Bq/m3
セシウム137 :0.031 Bq/m3
その時間帯の放射線量の最高値が570nSv/h
これは県でも問題ないって言っている量。

ヨウ素131  10,000ベクレルを経口摂取した時の実効線量は0.22ミリシーベルト
ヨウ素133 *よくわかんなかったんだけど、半減期が短い(20.8h)ので影響は小さいと思う。
セシウム134 10,000ベクレルを経口摂取した時の実効線量は0.13ミリシーベルト
セシウム137 10,000ベクレルを経口摂取した時の実効線量は0.13ミリシーベルト

1m四方にどれだけあれば、どのくらい体に摂取するのか?
呼吸で吸い込むのか?摂取するまでに拡散されたりする?
地面→植物→人間の順で摂取するのか?摂取するまでに凝縮される?
このへんがさっぱりわかりません。

でも、10,000ベクレルも一人が摂取するわけはないし、多く考えても1ベクレルくらい?
比較して考えると今回検出された値に関しては問題ないってことに納得しました。

テレビでは内部被曝のこと言わないからなぁ
肺に入っちゃうのが一番まずいらしいのでマスクくらいはしたほうがいいと思います。


参考資料
ttp://www.tohoku-epco.co.jp/electr/genshi/shiryo/wastes/10.html
ttp://www.bousai.pref.niigata.jp/contents/index.html
ttp://www.cnic.jp/modules/radioactivity/

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。